水道の修理の相談は地方自治体にすればよい?

水道に問題が発生した場合、どこに相談するべきかと迷ってしまうことがあります。根本となる、上水道や下水道は地方自治体が管轄している部分になるため、こちらに相談をしたいところです。しかし、敷地内に入った場合は、水道関連の修理を行ってくれる業者に相談をした方がよいとも思ってしまいます。結論は、どちらに相談するべきなのか、各々について特徴を少し触れておきます。

■専用の窓口を設置している地方自治体は多い

いわゆる地域の水道局のことを指します。ここに様々な相談ができる窓口が用意されているため、こちらに水道の修理などを相談することも1つの方法になります。ただ、実際に修理となった場合、この水道局が行うわけではありません。業者に依頼をしてください、という指示がでます。相談することはできますが、修理相談の窓口となるのみと考えておきましょう。誤解をして欲しくないのは、全く知識がないから修理をしないわけではないことです。実際に修理をしているときもあります。この修理は「公共施設のもの」という条件付きになります。個人レベルでは受けていないことは理解しておきましょう。

■水道修理業者に相談した方が手っ取り早い

最終的に、修理してくれる業者に問い合わせた方が手っ取り早いです。地方自治体に確認しないといけないような内容であっても、業者が代行して確認してくれたり確認するべきことの指示をしてくれることもあります。その道のプロのため、何かしらの解決策を提示してくれるはずです。



■まとめ
水道に関連することで問い合わせることができるのは、地方自治体が用意している窓口と水道修理業者があります。いずれも丁寧に対応をしてくれますが、業者に相談した方が手っ取り早いケースが多いです。その道のプロのためノウハウを多く持っており、的確な返答をしてくれるでしょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ