水道の修理は火災保険が使える場合もある

水道の修理をするケースは、かなり大掛かりな修理になってしまうこともあります。水道管が破裂してしまったケースを挙げると、中に埋まっている水道管を確認しないといけないなどです。そうなってくると、気になるのが修理費用です。どうしても高くなってしまうため、家計を圧迫してしまうわけです。そこで頼りにしたいのが火災保険となります。

■入居時には基本的に加入しているはず

火災保険はほとんどの場合、賃貸アパートを利用するのであれば必ず加入しないといけない、というような要項があります。拒否すれば契約をすることができません。新築の場合でも、加入してくださいと工務店や不動産業者から連絡が入ってきます。つまり、誰もがこの火災保険に加入して家に住んでいることが大半です。そもそも火災保険とは、自分自身を守るための保険であり、さらに他人を守るための保険でもあります。自分自身の不注意が原因で火事になってしまったとき、全ての損害を支払うことはできません。保険未加入の場合、自分自身も相手方も不幸にしてしまうことは目に見えています。だからこそ、必ず加入をしているはずです。

■集合住宅の場合は損害補償もしてくれる

火災保険の特約を始め、契約内容によって状況は異なりますが、場合によっては出してしまった損害を補償してくれる可能性もあります。したがって、契約内容はしっかりと理解をしておく必要があります。例えば、階下の住民に多大なる被害を出してしまった場合、損害賠償請求がなされるケースがあります。そのときの金額を補償してくれるケースがありますので、必ず確認をしておきましょう。


■まとめ
水道の修理を火災保険で、補償してもらうことができるケースがあります。また、水漏れなどで他人に迷惑を掛けてしまい損害賠償請求された場合でも、火災保険で補償してもらえる可能性があるため、契約内容をしっかりと確認することが大切です。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ