水道の修理が必要となる水道管破裂について

水道の修理が必要となる水道管破裂についてです。豪雪地帯を始め、厳しい寒さのある地域などでよくある水道のトラブルが水道管の破裂です。豪雪地帯以外でも、寒さが厳しい日が続いたりすると、急に水の出が悪くなることがあります。単純に「凍っていて暖かくなってこれば解消する」とつい考えてしまう人もいるでしょう。ともあれ、このような水道管の破裂は工事することになる可能性が高いです。

■寒さで凍結して破裂してしまう

水道管が破裂してしまう仕組みは、至って簡単です。水道管の中を通っている水が凍ってしまうからです。凍ってしまうと、水は膨張します。その膨張に耐えきれずに水道管が破裂という状況になります。夏、冷凍庫にペットボトルを入れて凍らせたとき、パンパンに膨張しているはずです。この原理と全く同じということです。自然界で起きることなので、どうしても対処できないケースもあります。昔よりも、様々な工夫をして膨張しても破裂しないような商品が販売されています。しかし相手は自然となることもあり対応しきれない部分もあることは致し方がないところです。

■素人修理はリスクが大きすぎる

破裂をしてしまった場合、管自体を交換することになります。この交換は残念ながら簡単にできる作業ではありません。更に、極寒の中で作業することが予想されるため、なおさらリスクが大きくなってしまいます。素人が対応することは、賢明ではないということが容易に想像することができます。結果、業者に依頼をして修理をしてもらった方がよいわけです。


■まとめ
水道の修理が必要となるケースの1つとして挙げられるのが、水道管の破裂です。このトラブルは素人では対応が難しいため、修理を専門とする業者に依頼をした方が賢明です。極寒の中でもしっかりと作業をしてくれるため、安心して作業の依頼をすることができるメリットがあります。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ